「ブルーベリーフィールズ紀伊國屋」

「ブルーベリーフィールズ紀伊國屋」

SHIGA
Otsu City

ブルーベリーの小さな一粒から
人と自然、人と人との絆をつなぐ

消費者の願いをかなえる
その想いで始めた安全・安心なブルーベリー栽培

琵琶湖を一望できる大津市伊香立の小高い山の中腹。創業者・岩田康子さんがこの地でブルーベリーの栽培を始めたのは昭和58(1983)年。当時、ブルーベリーという果物は関西ではまだなじみが薄く、しかも京都からの移住者である岩田さんはまったくの農業初心者。「不安はあったと思いますが、でも母は無農薬、無化学肥料、無除草剤にこだわりました。安全なものを安心して食べたいという消費者としての想い、その消費者の願いこそが生産者の使命なんだと」と、姉妹店“ソラノネ”を運営する創業者の子息・松山剛士さんは語ります。

生のブルーベリーの美味しさと栄養を
レストランに売り歩き、ジャムに加工

しかし創業当時は日本中の農村で米が余るようになってきた時代。未経験者の農業参入は、困難を極めました。まだ誰も手掛けていないブルーベリー栽培、しかも無農薬での挑戦は、試行錯誤の繰り返し。初めは虫がつくなどして実がならず、収穫にこぎ着けるまで3年の月日がかかりました。しかもブルーベリーは当時、生で食す習慣が行き渡っていませんでした。「生のブルーベリーをレストランなどに売り歩いたりしましたよ。売れ残りを丁寧に煮詰めてジャムにして、安全な食を求める人に買ってもらったりしているうちに、口コミで広がり、百貨店の目にとまったのが好転の契機だった」と松山さん。

体の中からきれいになるような
環境と素材とお食事と

今ではブルーベリーフィールズ紀伊國屋は、創業の地・伊香立の“山のレストラン” 、成安造形大学キャンパス内の“カフェテリア結”、そして高島の“ソラノネ”の3つのレストランを経営。ソラノネで出されるご飯は、かまど炊き。2種類のお米はもちろん滋賀県産有機栽培米、水は比良山系の恵みの湧水・秋葉の水を使って、美味しさと安全にこだわったメニューを提供。“ソラノネ”の自分で炊くという体験メニューでは、薪を燃やし、火加減を見ながらかまどの熱効率の良さまでも体験します。大自然に抱かれて、テラスから見渡す広々とした農地、吹き渡る風もごちそうなのです。

ブルーベリーフィールズの取り組みで
人と人、自然と人の絆を結ぶ

ブルーベリーフィールズ紀伊國屋のコンセプトは、都市と農村をつなぎ、若者に農業の楽しさと素晴らしさを伝えて1人でも多く農業の仲間を増やすこと。そこで、安全で美味しい料理を提供するだけでなく、“ブルーベリー摘み”や“かまどでご飯炊き”体験。そして種々のワークショップやライブ、講演会などレストランの枠にとらわれず、人と人、大人と子ども、人と自然、都会と農村、生産者と消費者をつなぐ様々な試みを実施しています。

商品・サービス情報

  • 山のレストラン コース料理
    3,500円
  • ブルーベリージャム ファミリア
    1,000円
  • ソラノネ かまど体験
    大人
    2,000円
  • 子供
    1,500円
  • (価格はすべて税抜)
埋め込みコード
下記コードをコピーして、ブログやサイトの表示箇所のHTMLにペーストして下さい。ボックスタイプのセレクション情報の表示ができます!