「まちづくりびわ」の「ミナミハマぶどうジュース」

「まちづくりびわ」の「ミナミハマぶどうジュース」

SHIGA
Nagahama City

原料は品種ごとに搾ったその年のぶどうだけ
数量限定の果汁100%ジュース

その年に地元で収穫された品種ごとのぶどうで作る
「ミナミハマぶどうジュース」

長浜市南浜町(旧びわ町)産で、その年に収穫されたぶどう3品種(黒紫色の酸味もしっかりした「アーリースチューベン」、暗紫赤で糖度が高くバランスが良い「ベリーA」、紫紅色で甘くジューシーな「紅伊豆」)を原材料にしているのが「ミナミハマぶどうジュース」です。栽培農家や加工場の協力を得て製造を開始したのが5年ほど前。ぶどうは、品種ごとに甘味や酸味が異なり、人気の品種は朝から直売所に行列ができます。そんなぶどうが持つそれぞれの個性を味わってもらうために1銘柄に1品種だけを使い、計3銘柄のジュースを作ることになりました。ジュースは、1kgのぶどうを500mlの瓶1本に搾った無添加のストレートタイプ。ワイン同様、その年のぶどうの出来具合によって味が異なり、製造量も増減するため、数量限定の販売となっています。びんのラベルが各品種の色をさりげなく表しています。

ぶどう栽培を若い人たちが夢と希望を持てる職業にしたい。

ジュースにするのは、農薬と化学肥料を減らし環境に配慮した「滋賀県環境こだわり農産物」に認証されたぶどう。「ぶどうの栽培は大変で、収穫までに棚とよばれる設備の整備、施肥、剪定、除虫など1年を通じて仕事があります。収穫のピークを迎える7月から9月は早朝4時頃から作業に取りかかります」と南浜ぶどう生産組合長の蒲生さん。(写真左)極端にいえば365日暇なしのハードワーク。後を継ぐ若い人が少なく、栽培農家の高齢化が差し迫った問題になっています。「今はジュースだけですが、もっとアイディアを絞って、ぶどうの新しい展開をして、若い人に夢と希望を持ってもらえる職業に」とジュース作りをしているNPO法人まちづくりびわ理事長の西邑(にしむら)さん(写真右)は語ります。

大事に育ててきたのに“もったいない”
規格外を買い取って農家の助けに

南浜町は県内でもぶどう作りが盛んな地域で、伊吹山からの伏流水に恵まれ、8月の収穫期に雨が少ないという地の利もあって、現在およそ20軒のぶどう農家が20種類以上の品種を栽培しています。とはいえ、天候によって収穫量が左右されるぶどう。品質を保つため色や大きさは厳密にチェック、基準以下だと出荷できず、畑に捨てられることになります。それに目を向けたのが「NPO法人まちづくりびわ」でした。規格外品というだけで味は変わらない。1年間手をかけ気をかけて育てたぶどうをなんとか有効利用したいということで考えられたのが「ジュース」。規格外品を買い取ることで農家の助けにもなります。

新たな地元の名産に

ジュースはぶどうを丸ごとていねいに搾ったもので、そのままでは濃すぎるほどのまったり果汁感。うま味だけを搾ったジュースに加え果実や皮が少し残った“あら搾りタイプ”も販売しています。いずれも丁寧かつシンプルな製法で、保存料や合成着色料など一切使わない無添加の果汁100%ストレートジュースです。かき氷のシロップに使ったり、好きなお酒で割ったりと応用が効くので、長浜市内のフレンチレストランではドレッシングに、近隣のホテルではデザートに利用され、“ココでしか味わえないもの”として人気の一品となっています。この「ミナミハマぶどうジュース」をいろいろな人に知ってもらい飲んでもらうことで、“南浜のぶどう”や“ぶどうジュース”を地域の誇れる宝にしていきたいと取組を進められています。

商品・サービス情報

  • ミナハマぶどうジュース
    1,800円
    (税抜)
  • (ベリーA・アーリースチューベン・紅伊豆)
  • ※平成31年3月1日現在販売価格
埋め込みコード
下記コードをコピーして、ブログやサイトの表示箇所のHTMLにペーストして下さい。ボックスタイプのセレクション情報の表示ができます!