NPO法人五環生活の「びわこ一周レンタサイクル」

NPO法人五環生活の「びわこ一周レンタサイクル」

SHIGA
Maibara City

自力で進み、五感で感じながら、
琵琶湖一周の醍醐味が味わえるビワイチサイクリング

日本一大きい湖を自転車で一周
拠点は駅ナカにある便利なサイクルステーション

ビワイチサイクリング=“ビワイチ”とは琵琶湖を自転車で一周する言葉の略称です。距離は全周およそ200km。1日で走りきるサイクリストもおられますが、琵琶湖周辺の風景やお城、寺院、建築物などの近江の歴史や文化、湖魚や近江牛などをはじめとした滋賀の魅力的な食や地酒を楽しみ、生活文化を感じる町や村落で地域の人達と交流するなど、無理をしないで、宿泊しながらゆっくり自転車旅を楽しんでいただくのがおすすめです。 また、こうした自転車旅では、長距離サイクリングに適したスポーツバイクを利用すると、いわゆる“ママチャリ”より負担も少なく、旅に余裕が生まれます。自転車を持ってくることができない、自前のスポーツ自転車をお持ちでないという方は、整備がいきとどいたレンタサイクルを使いたいもの。そんな願いがかなう“びわこ一周レンタサイクル”は、JR米原駅構内東口に、全国初の新幹線駅に直結しているスポーツバイクのレンタサイクル施設としてオープンしました。また、鉄道に自転車を乗せることができる(サイクルトレイン)、近江鉄道の米原駅前でもあり、施設はサイクリストのサポートステーションとして、シャワー室も完備しています。運営するのは“五環生活”。人の五感、自然環境、そして人々の生活のあり方を見直そうというコンセプトで平成18(2006)年7月に設立され、自転車を生活に取りこむ運動体“輪の国びわ湖推進協議会”にも参加するNPO法人です。“びわこ一周レンタサイクル”のほか、彦根市で自転車タクシーなども運営しています。“ビワイチ”の盛り上がりとともに利用者が年々増えており、年間2,000人を超える方が米原駅からレンタルで自転車の旅に出発しています。

スタイリッシュなスポーツバイク、
万全の整備と親切丁寧な事前ガイド

レンタル用自転車はクロスバイク、ロードバイク、キッズバイクのほか、衝撃吸収力のある五環生活オリジナル車体の4種。オリジナル自転車は滋賀県に工房がある“macchi cycles”製で、いずれも自転車安全整備士、自転車技士資格をもつスタッフが丁寧に整備し、パンクしにくいタイヤの導入や空気調整、リムテープの二重化、パンク修理剤の貸し出しなどのノーパンク対策を細やかに実施し、修理法の講義(有料)も行い、快適なサイクリングのための万全のサービスを行っています。「琵琶湖一周は冒険ですから計画的に周遊してほしいので、ご利用には予約をお願いしています。中学生以下のお子さんは保護者の随伴が原則。高校生だけの場合も親の同意書が必要です。利用者には事前に道や途中にあるサポートステーションの案内、また、斡旋ではありませんが地域の名所や史跡、宿、食事の店などの情報も提供します。不安や不明点のないように出発前には20分から30分ほどレクチャーをするのは、自転車の旅を少しでも快適、安全、円滑に体験していただきたいから。女子旅のご利用も増えています」と代表理事の田中将人氏。もちろん、レクチャーには自転車走行マナーも含まれています。

琵琶湖を一周した達成感と
五感で感じる滋賀の自然と文化

「自動車ほどスピードが出ないサイクリングの魅力は多彩な景色がゆっくり楽しめること。太陽や雨、風などを直接肌で感じ、匂いや香りもしっかりと受け止められて、身体感覚が再認識されることがサイクリングの良さ。そして、車では見過ごしてしまいがちなユニークな看板や家並み、橋など土地の文化の香りを感じられること。そんな自転車を通じてほんとうの豊かさや楽しさを実感してもらいたい。徒歩よりは活動領域が広く、時にはその限界も知ることができる自転車文化を根付かせたい。自分のペースでペダルを漕ぎ、名所に立ち寄ったり休憩したり、おいしいものを味わったり、地元の人とふれあったりしながらの“ビワイチ”体験で、達成感はもちろんのこと、豊かな滋賀の魅力を発見してもらえるはず。そのためにも1泊2日か2泊3日の旅をおすすめしています」と田中氏は語ります。

初心者歓迎、途中返却、近場観光もアリ。
ガイド付きツアーなど、充実のサービス。

「琵琶湖一周が目的ですが、もし途中で止める場合は、予約時に申し出れば、途中返却もできます」。返却施設は木之本駅前観光案内所、高島市マキノ物産会館、びわ湖大津プリンスホテルなど県内に7箇所あるそうです。「初心者は大歓迎。経験豊富なスタッフが体に合わせたサドルの調整や乗り方の指導もします。また、スポーツバイクは何年も乗っていないという人にも指導をしますし、1日だけのレンタルも受け付けています」。琵琶湖一周サイクリングでなくても、たとえば自転車で彦根や長浜の観光、近隣の町中観光など、利用のスタイルはさまざまあるそうです。また、5人以下のグループであればガイドが1人、6人から10人なら2人同行するサイクルツアーも実施。料金はコースなどによって変動がありますが、見知らぬ土地での不安や途中のトラブル対応も心強い限りです。このツアーは「真綿作りを体験しよう」とか「鉄道のまちを巡る旅」「琵琶湖の夕陽に出会う旅」など、興味のあるコトを体験できるコースが設けられるなど、充実のメニューが人気です。

商品・サービス情報

  • レンタル料(標準装備/ヘルメット・ライト・鍵)
  • [オプション]
    • 救急セット(無料)
    • チューブ&レバー(無料)
    • パンク修理剤(無料)
    • 泥除け(300円)
    • アイウェア(300円)
    • グローブ(500円)
    • パンク修理講習(有料、要予約)
  • クロスバイク・キッズバイク
    平日/1日
    3,500円~
  • 平日/2日
    5,500円~
  • 土日祝/2日
    6,500円~
  • ロードバイク
    平日/1日
    4,500円~
  • 平日/2日
    6,500円~
  • 土日祝/2日
    7,500円~
  • ※料金は利用日数により変動です。
  • ※事前予約。当日予約の場合、出発までの準備時間が必要です。
埋め込みコード
下記コードをコピーして、ブログやサイトの表示箇所のHTMLにペーストして下さい。ボックスタイプのセレクション情報の表示ができます!